アクアリウムの世界レイアウトコンテストとは

世界水草レイアウトコンテスト

アクアリウムの世界レイアウトコンテストというものがあります。
正式名称は、「世界水槽レイアウトコンテスト」といい、文字通り世界各国から応募者が集まり、2001年から開催されています。

 

2013年に行われたコンテストでは、57カ国2164作品が集まり、
9月28日に東京国際フォーラムにて行われたネイチャーアクアリウムパーティーにて上位作品が発表されました。
表彰式の模様はインターネットの同時中継が行われたことから、ワールドワイドな注目を浴びるコンテストとして今後も広まっていきそうです。

 

賞金と副賞

世界水草レイアウトコンテストでは、1名のグランプリが選ばれ、100万円の賞金とグランプリ認定メタルプレートが授与されます。
グランプリの他にも、1名の金賞に選ばれると30万円の賞金と金賞認定のメタルプレートが授与されますし、
2名の銀賞に選ばれますと10万円の賞金と銀証認定のメタルプレートが授与されます。

 

そして5名の銅賞に選ばれますと、5万円の賞金と銅賞認定のメタルプレート、
20名の優秀賞に選ばれますと、1万円の賞金と、優秀賞の認定メタルプレートが授与されます。
それ以外にも100名の入選者には賞状が授与されます。

 

応募要項

2014年度の世界水草レイアウトコンテストの応募は、
3月1日よりオンラインによる受付が開始され、2014年5月31日が締め切りとなっています。

 

プロ・アマを問わずに門戸が開かれており、水槽のサイズに関わらず
応募者本人の制作した作品であれば、年齢や性別や地域に関係なく応募が可能となっています。

 

過去一年以内に自身でデザインされた水槽を、
正面から一眼レフもしくはコンパクトのデジタルカメラにて撮影した作品ということが条件となっており、
スマートフォンや携帯電話にて撮影されたものは受け付けられないようです。

 

出品料は2000円で、専用口座への銀行振込もしくは、
郵便振替や現金書留、およびクレジットカードでの支払い方法から選ぶことができます。

 

撮影のポイント

世界水草レイアウトコンテストに応募するための写真の撮影のポイントとして、
先述したように正面より水槽全体を撮影することがあげられます。
そのためには、レンズのセンターと水槽のセンターをきちんと合わせることが大切です。

 

続いて、カメラのストロボを使わないということがあげられます。
ストロボ発光をしてしまいますと、水槽のガラス面に反射してしまうため、水槽内がわからない写真ができてしまいます。

 

そしてピントと露出が合っていることも大切です。
水槽の中身がしっかり撮影されていなければ、評価の対象外となってしまう可能性があるので、注意したいところです。